安楽川保育園について

保育目標


  • 健康で 強い子 元気な子 明るい子
  • 自分で考え自分で判断し
    自分で行動できる子

保育理念

  • 子どもの発達について保育士間で共通理解し、子どもが現在を最もよく生き、望ましい未来をつくり出す力の基礎を培うこと。
  • 子どもの生活のリズムを大切に自己活動を重視しながら、生活の流れを安定し、調和のとれたものにすること。
    特に、入園時の保育に当たっては、できるだけ個別に対応を行うことによって、子どもの安心感を得られるように努め、徐々に主体的に集団に適応できるよう配慮すること。又、在園児には不安や動揺を与えないように配慮すること。
  • 子どもが自発的意欲的にかかわれるような環境づくりと、子どもの主体的な活動を大切にし、乳幼児期にふさわしい体験が得られるように遊びを通して、総合的な保育を行う。
  • 一人ひとりの子どもたちの活動を大切にしながら、子ども同士の関わり・関係づくり、又、集団における活動を効果あるものにするよう援助すること。


給食について


乳幼児に必要な栄養価と栄養のバランスを満たす献立にし、毎日献立表を作成して完全給食を行います。清潔・迅速・加熱をモットーにして子どもたちの成長のために、毎日出来立ての給食を食べています。
おやつは午前(0・1・2歳児)と午後(全児)に出しています。
食物アレルギー対応の給食の提供を可能な限り行っていますので、園へ相談してください。

個人記録ノート

当園では、保育園における子どもの様子を、ご家庭にお伝えするために個人記録ノートをお渡しします。
ご家庭からは、家庭での様子や子どもの少しの変化等を、お書き頂き密に連絡を取っていきたいと思います。

子育て支援【桃山子育て支援センター】を行っています


【桃山子育て支援センター】は、未就園児の子どもたち(0歳〜)がセンターに来て、園庭やプレイルームで遊び、親子の交流を目的としています。

遊びの中には「やったー」という満足感や充実感、又、くやしさ悲しみなど色んなことに遭遇しますが、これらの事を幼いころにたくさん体験することで、人間として成長していく上で、とても重要なことです。
人の痛みや・思いやり・優しさ、そして保育園という集団生活の中で、譲り合う、協力する、いたわる等の心を育てる一番大切な乳幼児期に、遊びを通して友だちと関わり、色々な体験をしてほしいと思います。

スケジュール等の詳しい情報はこちら